メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/131 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(35)

 錦糸町は東京下町でも有数の繁華街なので、千葉街道の近くまでやってくると街並みがだんだんとにぎやかになってきた。自動車の影がまばらな千葉街道には、都電がゆったりと走っている。時刻はまだ五時になっていなかった。

 春のこの時期でも空は十分なほど明るい。

 タケシと登美子は国民服とモンペ姿で、駅前の横断歩道を渡った。不思議なものだが、同じ国民服やモンペといっても、明らかに着る人のセンスで雰囲気が変わるのだった。タケシはどこか折り目正しく見えるし、和服を仕立て直したモンペも、登美子が身につけると清楚(せいそ)で可憐(かれん)な空気を放っている。そういえば、戦時下だけでなく普通の中学の制服でも、組のなかで着こなしのいい生徒といまひとつの生徒は、はっきりと分かれているものだ。

 夕刻になった駅前のバス操車場では背広や和服にきちんと帽子を頭に載せた大人たちが行列をつくっていた。…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文980文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
  2. 千葉の路上 男性、背中刺される 通り魔か 容疑者は逃走
  3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/4 「少し変な話」は大事なサイン
  4. 障害者施設 元職員の女性「虐待告発したら報復でうつ病」
  5. 仮想通貨 流出ネム580億円、資金洗浄完了か 専門家

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]