メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/131 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(35)

 錦糸町は東京下町でも有数の繁華街なので、千葉街道の近くまでやってくると街並みがだんだんとにぎやかになってきた。自動車の影がまばらな千葉街道には、都電がゆったりと走っている。時刻はまだ五時になっていなかった。

 春のこの時期でも空は十分なほど明るい。

 タケシと登美子は国民服とモンペ姿で、駅前の横断歩道を渡った。不思議なものだが、同じ国民服やモンペといっても、明らかに着る人のセンスで雰囲気が変わるのだった。タケシはどこか折り目正しく見えるし、和服を仕立て直したモンペも、登美子が身につけると清楚(せいそ)で可憐(かれん)な空気を放っている。そういえば、戦時下だけでなく普通の中学の制服でも、組のなかで着こなしのいい生徒といまひとつの生徒は、はっきりと分かれているものだ。

 夕刻になった駅前のバス操車場では背広や和服にきちんと帽子を頭に載せた大人たちが行列をつくっていた。…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文980文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  2. レゴランド 1日パスポート、東海在住者は35%引き
  3. 訃報 浅利慶太さん85歳=演出家、元劇団四季代表
  4. 宮内庁 週刊誌報道を否定 小室さん巡る皇后さま発言
  5. 追跡2018 レゴランド・ジャパン 開業1年 辛口の声を受け止めて 中京大経済学部・内田俊宏客員教授 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]