メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 実行委、交通輸送基本計画決定 観客の足、大渋滞対応 /岩手

鉄道増便・増結/ライナーバス/パークアンドライド駐車場

 釜石市が会場の一つとなる2019年のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に向け、県や市、関係団体の役職員らでつくる実行委員会の18年度の総会が12日、盛岡市内で開かれ、観客の交通手段を確保するための交通輸送基本計画などを決定した。

 日本大会は19年9月20日に開幕。11月2日の決勝戦までの全48試合が全国12会場で開催される。東日本大震災の被災地で唯一の開催都市となる釜石市では、9月25日(フィジー対ウルグアイ)、10月13日(アフリカ地区1位対敗者復活予選優勝チーム)の1次リーグ2試合を実施。整備中の釜石鵜住居復興スタ…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文734文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  5. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです