メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

石集めの魅力、伝える 「近江の平成雲根志」を出版 福井龍幸さん(66)=甲賀市 /滋賀

犬牙(けんが)状方解石の大きな結晶を持つ福井龍幸さん=滋賀県甲賀市で、北出昭撮影

人との関係にも関心

 どこにでもある石ころ。県内では小規模ながら、国内で産出する鉱物の多くの種類が見られるという。県内を中心に石にまつわる魅力と歴史背景をカラー写真で紹介する「近江の平成雲根志(うんこんし)-鉱山・鉱物・奇石」(サンライズ出版、1620円)を書いた福井龍幸さん(66)に石集めの楽しさなどを聞いた。【北出昭】

 ◆書名にある「雲根志」とはどういう意味ですか。

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです