メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

石集めの魅力、伝える 「近江の平成雲根志」を出版 福井龍幸さん(66)=甲賀市 /滋賀

犬牙(けんが)状方解石の大きな結晶を持つ福井龍幸さん=滋賀県甲賀市で、北出昭撮影

人との関係にも関心

 どこにでもある石ころ。県内では小規模ながら、国内で産出する鉱物の多くの種類が見られるという。県内を中心に石にまつわる魅力と歴史背景をカラー写真で紹介する「近江の平成雲根志(うんこんし)-鉱山・鉱物・奇石」(サンライズ出版、1620円)を書いた福井龍幸さん(66)に石集めの楽しさなどを聞いた。【北出昭】

 ◆書名にある「雲根志」とはどういう意味ですか。

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1418文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです