メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが町にも歴史あり・知られざる大阪

/489 新町橋と四ツ橋 /大阪

新町橋の碑=大阪市西区新町1で、松井宏員撮影

 ◆大阪市西区

今は無き川辺の風流

 陶器神社を出て南へ約350メートル歩く。阪神高速の高架下に「新町橋」と刻まれた石柱が二つ並んでいる。新町遊郭の玄関口だった新町橋の碑だ。1672年に西横堀川に架けられた。新町遊郭ができたのは1627年だから、半世紀近くたっている。大坂の町の中心部からまっすぐ来られないのは不便、ということで架けられたのだろう。橋の西詰めに大門があり、新町の真ん中を貫く瓢箪(ひょうたん)町筋に続くことから「ひょうたん橋」とも呼ばれていた、と碑文にある。

 船場あたりの若旦那が、気もそぞろに新町橋を渡ったことだろう。上方落語の「冬の遊び」では、堂島の米相…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1204文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです