メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

金属含む産廃152トン 再調査開始直後、前仮置き場から /香川

豊島の処分地で新たに見つかったドラム缶とみられる産廃=香川県提供

 県は13日、不法投棄された産業廃棄物の撤去が昨年3月に終わった豊島(土庄町)で、新たに金属を含む産廃約152トンを発見したと発表した。豊島の処分地では1~2月に相次いで産廃汚泥計約115トンが見つかっているが、金属は初めて。県が12日に再調査を始めたばかりだった。

 新たな産廃は、ドラム缶とみられる金属の塊10個と産廃汚泥。このうち二つのドラム缶の中には、液体が固まったとみられる固形物が残っていた。処分地北東部の深さ1・5~3・3メートルに埋ま…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]