メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

測候所どうなった? 技術進歩でほぼ無人化 富士山はNPOが活用=回答・荒木涼子

富士山頂の測候所も今は特別地域気象観測所=本社ヘリから

 なるほドリ 気象庁(きしょうちょう)の測候所(そっこうじょ)って最近聞かないね。

 記者 1995年度時点で全国に96カ所あり、常駐(じょうちゅう)職員(しょくいん)が気象や地震(じしん)の観測(かんそく)、沿岸(えんがん)にあれば検潮(けんちょう)も行い、上部組織の地方気象台やさらに上の管区(かんく)気象台に報告していました。ところが、観測機器(きき)やデータ送信の技術が進歩したうえ、国の行財政改革(ぎょうざいせいかいかく)もあって96年度から2010年までに94カ所が無人化(むじんか)されました。残っているのは、地理的に欠かせない帯広(おびひろ)(北海道帯広市)と名瀬(なぜ)(鹿児島県奄美(あまみ)市)だけです。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文927文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです