メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「江戸」の魅力とは?

 明治維新から150年。武家社会の象徴だった「江戸」は「東京」と名を変え、国際都市として発展していった。震災や戦災を経て「江戸」の姿は薄れていったが、2年後の東京五輪・パラリンピックに向けて「城下町・江戸」の魅力を見直そうという動きが広がっている。東京の中に残る「江戸」の魅力とは?【聞き手・森忠彦】

日本橋、空取り戻す 細田安兵衛・榮太樓總本鋪相談役

 日本橋の上に首都高速道路ができたのは1964年の前回東京五輪の前年(63年)だった。当時、高架の高…

この記事は有料記事です。

残り2704文字(全文2929文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷が奪三振ショー 7回無失点で降板
  2. サッカーキング セルジオ越後氏、日本代表は「監督の去就しか見出しにならない」「20年で何も変わっていない」
  3. 大谷翔平 エンゼルス監督からは“三刀流の宿題”(スポニチ)
  4. サッカー日本代表 ハリル監督を解任 会長が本人に伝える
  5. 大リーグ 大谷が2勝目 圧巻の奪三振ショー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]