メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

テレビ演出家・今野勉さん 時代の空気を届ける

=東京都渋谷区で、中村藍撮影

 ドラマ「七人の刑事」などで知られるテレビ演出家の今野勉さん(82)が、ラジオ東京(現・TBS)に入社したのは、1959年4月。日本でのテレビ本放送はその6年前に始まっており、テレビの黎明(れいめい)期と共に、自身の制作者としての歩みを進めてきた人だ。偶然が積み重なって入ったテレビ局だが、そこには「ジャーナリズムと大衆芸能を一緒に背負っていく。今までのマスメディアとは違う何か」が感じられた。その感銘が、テレビ制作者としての原点になったと振り返る。

 秋田県生まれ。幼少の頃に北海道夕張市に移り、炭鉱に育った「典型的な庶民の出」だった。新聞記者になり…

この記事は有料記事です。

残り1699文字(全文1974文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]