メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

ラオスで考えたこと=住友文彦

 先月は香港と東京で恒例のアートフェアが行われた。作品の評価はどのように決まるのか。評価を「価格」に限れば、歴史的な文脈を叙述するミュージアムと新しい商品を求める市場が果たす役割は大きい。つまり「歴史」や「新しさ」のような前進的な時間軸によって評価を保証するのがこの仕組みの特徴だ。

 先日行ってきたラオスの首都ビエンチャンでは、そのミュージアムが残念ながら閉鎖中だった。門には移転の予定と記され、増加する観光客向けに立派な施設を準備しているのかもしれない。眼(め)の前の建物は古く、熱帯植物の旺盛な生命力の横では廃虚のようだった。

 とはいえ、近隣のお寺に入れば独特の装飾や建築様式を十分堪能できる。仏教が生活に深く浸透しているので…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1093文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  3. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  4. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
  5. 福岡男性刺殺 容疑者か ネットに「自首し俺の責任取る」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]