メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なでしこ

阪口夢決めた 8大会連続W杯!豪とドローでB組2位(スポニチ)

アジア杯1次リーグB組 日本1-1オーストラリア(2018年4月13日 ヨルダン・アンマン)

 なでしこジャパンは13日、1次リーグ最終節でオーストラリアと対戦。後半18分にMF阪口夢穂のゴールで先制した日本は終盤に追いつかれたものの、総得点でB組2位が決まり、8大会連続のW杯出場を決めた。今大会は来年の女子W杯フランス大会のアジア最終予選を兼ねており、1次リーグ上位2カ国と、5位決定戦勝者の計5カ国がW杯出場権を得る。日本は17日の準決勝で中国と対戦する。

     世界への扉を開くためには、なりふりかまっていられなかった。日本は泥くさくW杯出場権を獲得。高倉監督は「アグレッシブに行きたいところもあるが、まずは出場権をしっかり獲得するということ。一つヤマを越えたので、前向きに進みたい」と緊迫の大一番を振り返った。

     日本は後半18分、MF長谷川の折り返しに阪口夢が左足で合わせて先制。だが、同41分に同点に追いつかれた。すると、後半43分ごろ、ベンチに韓国-ベトナム戦の情報が入った。1-1で引き分ければ、日本とオーストラリアの勝ち抜けが決定する。日本は3分以上も最終ラインでボールを回し続ける“戦術”を選択し、勝ち点で並んだ韓国を総得点で上回った。先制点の阪口夢は「ベンチに確認するとこのままで良いということだったので、後ろでボールを回した」と話した。

     16年3月のリオ五輪予選後、なでしこの黄金期を支えたベテランたちがチームを去った。高倉監督は世代交代を進めたが、若手が伸び悩んだ。昨年12月の東アジアE-1選手権は北朝鮮に敗れて優勝を逃し、今年3月の国際親善大会アルガルべ杯でもオランダに6失点大敗。指揮官は「予想以上にチームづくりに時間がかかった」とこぼすこともあった。

     失敗は許されない大一番を前に、FW川澄を約2年ぶりに招集。FW岩渕が「ナホさんが来てチームの雰囲気が変わった」と話したように、川澄、DF鮫島、阪口夢らベテランを中心に選手はピッチ内外で会話を重ね、相互理解に努めた。この日も11年W杯優勝メンバーのDF宇津木が今大会初先発。経験を武器に強敵と向かい合い、苦しみながらも第一関門を突破した。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
    4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
    5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです