メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-屋敷伸之九段 第55局の2

角のライン

 佐藤は仕掛けをあきらめて、[先]5七銀と上がった。[後]3五歩を伸びすぎにさせる狙いに変えたのだ。

 [後]4五歩の頑張りに対し、[先]4六歩[後]同歩[先]同銀が自然なさばきだった。[後]5一銀には[先]6八金と、遊び駒の活用を図る。

 しかし、ここは[先]3五銀[後]4二飛[先]4七歩と歩得を主張して指すのも有力だった。また、本譜は[先]6六角が佐藤の予定だったので仕方のない意味があるが、[先]5七角と打って3筋を狙うのも魅力的だったという。

 本譜は[先]6六角に対し、屋敷が[後]4二飛と大転回した。佐藤は[先]4七歩としっかり受ける。ねじ…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文854文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  2. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  5. 猛暑 教室のTVで終業式 体育館や校庭避ける 愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]