メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

千葉 銚子ジオパーク 大地が醸す地域の魅力 自然と文化見どころ満載

上部と下部で異なる年代の地層が見られる屏風ケ浦=千葉県銚子市で

 千葉県の東端、銚子市は市内全域が、貴重な「銚子ジオパーク」である。国の名勝・屏風ケ浦(びょうぶがうら)など多彩な見どころは「ジオサイト」と呼ばれ、市内の認定ガイドが案内もしてくれる。「銚子ジオパーク推進市民の会」のメンバーと市内を歩いた。【岩嶋悟】

     日本ジオパークが銚子ジオパークを認定したのは2012年である。そもそもジオパークとは--。「ジオ」は地球や大地という意味で、「銚子ジオパーク推進市民の会」の工藤忠男会長(73)が言う。「大地や植物などの生き物、農業や産業などを学び楽しめるのがジオパークです」。地質学的な学びだけでなく、分野横断的な概念のようだ。

     訪れた「地球の丸く見える丘展望館」からは市内が一望でき、その真下にキャベツ畑が広がる。認定ジオガイドの山本佳臣さん(76)は「銚子の温暖な気候を生かして1950年代から春キャベツ栽培が盛んになり、収穫量は全国トップクラス」と話す。

     大地の歴史を知るため犬吠埼に向かう。灯台近くには国指定の天然記念物「犬吠埼の白亜紀浅海(せんかい)堆積(たいせき)物」が広がっていた。でこぼこした岩場などは、約1億2000万年前に堆積した地層らしい。工藤会長が「この付近でアンモナイトなどの化石が発見されています」と教えてくれた。

    両耳を立てた犬のように見える犬岩

     そこから3キロほど南下した海沿いには、左右の先端がとがった大きな岩の塊がある。岩が犬が両耳を立てたように見えるため「犬岩」と呼ばれる。工藤会長の説明では、犬岩周辺の地層は「愛宕山(あたごやま)層群」と呼ばれる約2億年前の地層で、千葉県で最も古いらしい。「夏にはハマヒルガオやスカシユリなど海岸植物の花が咲きます」。また、山本さんは「江戸時代に伊能忠敬が、富士山の方位測量で精度に自信を深め、測量術を確立しました」と話す。犬岩から1キロほど離れた海岸近くには忠敬の測量記念碑が建っている。

     最後に銚子のシンボルである屏風ケ浦を訪れた。そびえる崖は、波で海岸が削られてできた「海食崖(かいしょくがい)」と呼ばれる。近くで見るとしま模様の地層の上部と下部では色が違う。工藤会長は「この場所の下の部分は約300万~100万年前ごろに海底で堆積した地層で、上の方には約10万年前ごろの香取層、その上に1万年前ごろまでに陸上で堆積した関東ローム層があります」と地層の変遷を説明する。ちなみに、屏風ケ浦の大地は1万年で約5メートル持ち上がったそうだ。

     学習面だけでなく、地域の魅力も再発見--。ジオパーク探索はそのきっかけになりそうだ。

    名物に見る「人の営み」

     ジオパークは「人の営み」を知ることもテーマの一つである。

    ウオッセ21内にある干物工房 あてんぼうでは銚子産のキンメダイやアジの干物を販売=千葉県銚子市川口町2のウオッセ21で

     銚子沖は親潮と黒潮がぶつかる豊かなな漁場だ。水産物卸売りセンター、ウオッセ21(銚子市川口町2の6529の34、0479・25・4500)にはA、Bの2ブロックに銚子漁港で水揚げされた新鮮な魚介類や干物、加工品などを販売する店舗が並ぶ。「干物工房 あてんぼう」では、銚子産のサンマやアジなどの干物が手ごろな価格で手に入る。干物以外にマグロの刺し身など鮮魚も販売している。

    焼きたてのせんべいを地元で製造した薄口しょうゆにつける銚子電鉄のぬれ煎餅手焼き体験=千葉県銚子市犬吠埼の犬吠駅で

     銚子は江戸時代からしょうゆ製造で栄え、大手メーカーの工場がある。市内を走るローカル線、銚子電鉄の犬吠駅(同市犬吠埼9595の1)の売店では、地元で製造したしょうゆを使った名物の「ぬれ煎餅」の手焼き体験ができる。ぬれ煎餅の販売は同電鉄が副業で始め、その売り上げが倒産の危機を救ったことでも知られる。熱した網の上で煎餅を焦げ目が付くまでひっくり返して焼き、最後に1秒間だけさっと薄口しょうゆにつける。体験は午前10時~午後4時まで。料金100円で、2枚分。


     ■メモ

     銚子市内へは、JR東京駅から総武線の特急しおさいでJR銚子駅まで約1時間45分。車は東関東自動車道潮来ICから国道124号を経由して都心から約2時間半。ジオガイドの申し込みは、銚子ジオパーク推進協議会のホームページ(http://www.choshi-geopark.jp/)から申込書をダウンロードし、希望の案内日時や参加人数などを記入してEメール(choshigeopark@city.choshi.lg.jp)かファクス(0479・21・6622)で送付する。予約制(申し込みは原則5日前まで)。ガイド料(保険料、資料代込み)は一般1人3時間以内150円、同6時間以内300円。問い合わせは0479・24・8911。


     ツイッター @mainichi_shuto

     フェイスブック 毎日新聞 首都圏版

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
    2. 訃報 衣笠祥雄さん71歳=元広島の「鉄人」、国民栄誉賞
    3. はしか 病院で拡大 愛知県、5人目感染を発表
    4. 将棋 藤井六段、棋王戦予選決勝へ 今年度負けなし3連勝
    5. セクハラ疑惑 麻生氏止まらぬ擁護 女性活躍ポーズだけ?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]