メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・読書之森

桜のいのち 庭のこころ /京都

 <活字を楽しむ>

 (佐野藤右衛門・著 ちくま文庫、700円(税抜き))

 4月初旬、春の陽気に誘われて、息子たちを連れて広沢池(京都市右京区)に車で向かっていると、池の手前で、天を覆うように咲き誇る見事な枝ぶりの桜に出会った。

 調べて見ると、「桜守(さくらもり)」と呼ばれる有名な植木職人、佐野藤右衛門(とうえもん)さん(90)のご自宅の桜。無料公開されている庭には、大きな花弁が印象的な「大提灯(ぢょうちん)」や淡い緑色が美しい「鬱金(うこん)」など多種多様な桜が彩り豊かに咲き乱れ、多くの花見客を楽しませていた。「花咲かじいさんでもこんなにも多くの種類の桜を見事に咲かせられないのでは」。佐野さんのことが知りたくて手に取ったのが本書だ。

 佐野さんは代々「藤右衛門」を襲名する「植藤造園」の16代目。14代目の祖父から3代続けて桜の魅力に…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1159文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです