メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

熊本地震2年「最大の復旧作戦」(その1) 二度と崩れぬ石垣に

 「このひびは地震で落下した時についたのかな」

 「ちょっと欠けているけど再利用できそうだね」

 「こっちは明治時代に修復した跡だろう?」

 そんなやりとりをしながら、作業員らが重さ数百キロもある石にメジャーを当て寸法を測る。損傷の程度や石質、加工法なども調べ、調査票に記入していく。石の表面には崩落場所などを示す管理番号がペンキで書かれている。最後に石の各面を写真に収め、ようやく次の石に取りかかる--。

 2016年4月の熊本地震から2年。「天下の名城」とされる熊本城(熊本市中央区)の内外14カ所に設け…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文813文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです