メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

熊本地震2年「最大の復旧作戦」(その1) 二度と崩れぬ石垣に

 「このひびは地震で落下した時についたのかな」

 「ちょっと欠けているけど再利用できそうだね」

 「こっちは明治時代に修復した跡だろう?」

 そんなやりとりをしながら、作業員らが重さ数百キロもある石にメジャーを当て寸法を測る。損傷の程度や石質、加工法なども調べ、調査票に記入していく。石の表面には崩落場所などを示す管理番号がペンキで書かれている。最後に石の各面を写真に収め、ようやく次の石に取りかかる--。

 2016年4月の熊本地震から2年。「天下の名城」とされる熊本城(熊本市中央区)の内外14カ所に設け…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文813文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  4. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
  5. はしか 新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]