メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

総裁選控え、大阪府連に配慮 都構想「反対」

 安倍晋三首相(自民党総裁)は14日、大阪市内で開かれた党大阪府連臨時党員大会に出席し、あいさつした。「私は常に府連と共にある」と述べ、秋の総裁選での地方票固めを見据え、府連を重視する姿勢を強調した。

     首相は、日本維新の会が目指す「大阪都構想」に府連が反対していることを踏まえ、「賛成か反対か、住民投票するかは、府連が決めていく。府連の考え方は自民党、そして総裁たる安倍晋三の考え方でもある」と語り、府連の判断を尊重する考えを示した。府連幹部によると、首相は13日夜の府連との会食では都構想に「反対」と述べた。

     また、首相は「憲法に日本の独立と平和を守る、自衛隊と明記し、(自衛隊の)違憲論争に終止符を打とう。それが自民党の責務だ」と訴え、憲法改正の実現に意欲を示した。【野間口陽】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです