メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

米英仏、シリア攻撃 米、強硬姿勢を誇示 露と衝突回避、腐心

アサド政権への軍事攻撃をめぐる構図

 シリアの首都ダマスカス近郊での化学兵器使用疑惑をめぐり、米国は13日、英仏両国と共にアサド政権への軍事攻撃に踏み切った。アサド政権を支援し、疑惑を「でっちあげ」と主張するロシアは猛反発し、対立は激しさを増している。ただし、内戦が泥沼化するシリアをめぐって軍事衝突などに発展する最悪の事態は避けたいのが関係国の本音。今回の攻撃でも、ぎりぎりの線での配慮が重ねられた。【ワシントン高本耕太、モスクワ大前仁、ニューデリー松井聡】

 化学兵器使用疑惑について、トランプ米大統領は「高い代償を払うことになる」などと述べ、アサド政権に対…

この記事は有料記事です。

残り2114文字(全文2376文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  4. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
  5. はしか 新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]