メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

日本の為替監視継続 中国も対象、貿易赤字懸念

 【ワシントン共同】米財務省は13日、主要な貿易相手国・地域の通貨政策を分析した外国為替報告書を発表し、日本や中国など6カ国を通貨政策の「監視対象」に指定した。日本の指定は5回連続。日本が輸出に有利な円安・ドル高への誘導に動くことを警戒し、通貨当局の動向を注視する。日本が米国との貿易で巨額の黒字を稼いでいることを「引き続き懸念している」とも明記した。

 トランプ米大統領は17、18日の安倍晋三首相との会談で、日本に対米黒字の削減を求めそうだ。トランプ…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです