メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

日本の為替監視継続 中国も対象、貿易赤字懸念

 【ワシントン共同】米財務省は13日、主要な貿易相手国・地域の通貨政策を分析した外国為替報告書を発表し、日本や中国など6カ国を通貨政策の「監視対象」に指定した。日本の指定は5回連続。日本が輸出に有利な円安・ドル高への誘導に動くことを警戒し、通貨当局の動向を注視する。日本が米国との貿易で巨額の黒字を稼いでいることを「引き続き懸念している」とも明記した。

 トランプ米大統領は17、18日の安倍晋三首相との会談で、日本に対米黒字の削減を求めそうだ。トランプ…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです