メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 B級1組 糸谷八段 「怪物くん」A級へ 自分ならではの将棋貫く

糸谷哲郎八段

 <順位戦B級1組 谷川浩司九段VS糸谷哲郎八段>

 久保利明王将、菅井竜也王位のタイトルホルダー2人、そして藤井聡太六段と、関西本部所属の棋士が大活躍している。その関西からまた一人A級が誕生した。

 今回は糸谷哲郎八段(29)を紹介しよう。糸谷は小学4年で奨励会入りし、17歳で四段に昇段。さらには大阪大学大学院へ進学する異色の経歴をもつ。早見え早指しで才能あふれる手を連発、特に玉さばきに異常な強さを見せて、「怪物くん」のあだ名がついた。竜王獲得を果たした怪物くんも、持ち時間6時間の順位戦では苦戦する。17歳でのC級2組順位戦初戦は、純粋な王手馬取りを見落として馬をタダで取られてしまった。結局C2卒業に5期かかり、C1も3期かかった。だがB2はわずか2期、そしてB1も2期目にして8勝2敗で昇級し、A級上陸を果たした。

 糸谷らしい指し回しの、谷川浩司九段(56)との将棋を見ていただこう。糸谷が先手で、初手[先]3六歩…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1349文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  2. 米軍機 超低空訓練 岩手の住宅地 サイトに動画投稿
  3. ORICON NEWS メカゴジラとガンダムが夢の対決 『レディ・プレイヤー1』映像公開
  4. セブン-イレブン・ジャパン 5500店で電力会社変更
  5. 希望・民進 四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]