メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/251 第7章 12=高村薫 田中和枝・挿画監修

 いや違う。見捨てられた、だと? それがどうした。これだけ裏切ってきたら、親でも愛想はつかすだろうよ。これで上等。愛想をつかして離れてお互いセーフだ。そうでないと、それこそバットの出番になる。

 そう自分に言い聞かせる端から、忍は十二年前に栂野(とがの)の家の周辺でかき集めた記憶の塊が、またぞろ暗がりからせり上がってくるのを見つめる。父親の顔はその塊の傍らに張り付いており、忿怒(ふんぬ)とも無力感ともつかない不定形の感情がその上で次々に入れ替わる。大きな捜査本部が立った大事な夜に、よりにもよって自分の息子がパクられた衝撃が小さくないのは分かるが、それ以上に自分で自分を追い込んでは行き詰まる父親のいつものパターンで、いまにも自爆しそうに見える。

 そうだ、いつか親父(おやじ)が言っていた。ああいう捜査本部に出てくる本庁の捜査一課の捜査員たちは警…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文973文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです