メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/251 第7章 12=高村薫 田中和枝・挿画監修

 いや違う。見捨てられた、だと? それがどうした。これだけ裏切ってきたら、親でも愛想はつかすだろうよ。これで上等。愛想をつかして離れてお互いセーフだ。そうでないと、それこそバットの出番になる。

 そう自分に言い聞かせる端から、忍は十二年前に栂野(とがの)の家の周辺でかき集めた記憶の塊が、またぞろ暗がりからせり上がってくるのを見つめる。父親の顔はその塊の傍らに張り付いており、忿怒(ふんぬ)とも無力感ともつかない不定形の感情がその上で次々に入れ替わる。大きな捜査本部が立った大事な夜に、よりにもよって自分の息子がパクられた衝撃が小さくないのは分かるが、それ以上に自分で自分を追い込んでは行き詰まる父親のいつものパターンで、いまにも自爆しそうに見える。

 そうだ、いつか親父(おやじ)が言っていた。ああいう捜査本部に出てくる本庁の捜査一課の捜査員たちは警…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文973文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. 埼玉・宮沢湖畔 「ムーミン」テーマパーク、来年3月開業
  3. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  4. 米山知事 進退判断の経緯判明 支援政党離れ「辞めます」
  5. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]