メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さあこれからだ

/151 「死の哲学」示し自分らしさを=鎌田實

ホスピス病棟にて=月刊がんサポート提供

 評論家の西部邁(すすむ)さんが今年1月自ら命を絶った。西部さんの著作には、病院で不本意な延命治療を受けたくないという思いがつづられていた。病院で死ぬのは嫌。でも、自宅療養では家族に迷惑をかける。そんななか自死を決意したようだが、それに協力した2人は自殺ほう助の容疑で逮捕された。仲間の手を汚してしまったことに、西部さんはあの世で忸怩(じくじ)たる思いでいるのではないか。

 脚本家の橋田寿賀子さんは「認知症になったら、安楽死したい」と発言して大きな反響を呼んだ。もちろん安…

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1492文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
  4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです