メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

伊東光晴・評 『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』=コリン・ジョイス著

 (三賢社・1620円)

学生時代の人間関係が生きる

 オックスフォードに学んだ人の体験的オックスフォード論である。

 オックスフォードは三八のカレッジからなっており、カレッジを受験し(大学ではない)そこに入り、そこで生活し、そこで学ぶ。教育の中心は、カレッジの教師による個人指導(チューター制)である。

 毎週、文系では与えられたテーマについての小論文を、指定された参考文献を読んだ上で書き、これを教師のもとで読み上げる。これについて質問され答え、議論と指導が行われ、次週のテーマ、参考文献が与えられる。一流の研究者による一対一のこうした指導が、オックスフォードとケンブリッジを特徴づける教育である。これに、カレッジをこえた講義が加わる。

 それは、テキストブックが指定され、多数の学生に教師が講義するアメリカの教育制度とも、ゼミナールを軸…

この記事は有料記事です。

残り1610文字(全文1976文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]