メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしとつなぐ

がんを正しく知るには=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵

国立がん研究センターが開設するがん情報サービスのホームページ

 「検索サイトに『膵臓(すいぞう)がん』と入れると、何件の情報がヒットすると思いますか。数十万件もありました。がんのことを勉強したくても、どれが正しい情報なのか分からず、混乱しています」

 約10年前まで電話相談でよく耳にした言葉です。当時はがん治療の情報の質と量ともに担保されたインターネットのサイトは皆無に等しく、私たち相談員もがんに関するガイドラインや、学会が出版している書籍を片手に解説する日々でした。

 こうした患者や家族の声を受け、2006年に国立がん研究センターが「がん情報サービス」(https:…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1014文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  2. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  3. 税制改正大綱 未婚親支援、調整難航
  4. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  5. 生保契約トラブル 無理な勧誘、高齢者に続発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです