メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操W杯

白井健三と村上茉愛が優勝 東京大会

男子個人総合で優勝した白井健三の床運動の演技=東京体育館で2018年4月14日、宮間俊樹撮影

 体操の個人総合で争うワールドカップ(W杯)東京大会は14日、東京体育館で行われ、男子は昨年の世界選手権銅メダルの白井健三(日体大)が86.064点で優勝し、谷川航(順大)が84.399点の2位に入った。内村航平(リンガーハット)は出場していない。女子は世界選手権4位の村上茉愛(まい)=日体大=が2位に2点近い大差をつけ、56.532点で優勝した。今春に日女体大に入学した杉原愛子(朝日生命)は6位だった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです