メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米英仏

シリア攻撃 「長期的関与を」マクロン氏説得 米大統領に

 【パリ賀有勇】フランスのマクロン大統領は15日、米英仏によるシリア空爆に関連し、トランプ米大統領に対して、米軍がシリアから撤退することなく、今後も長期的に関与するよう説得したと表明した。同日出演した仏ニュース専門テレビ「BFM」で、マクロン氏は、3月末にトランプ氏がシリアからの米軍撤収に言及したことに触れ、「長期的にとどまってもらう必要性があると説得した」と説明。仏国内ではシリア空爆に対し、野党から批判が上がっているが、マクロン氏は「正当性がある」と反論した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです