メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/132 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(36)

 横断歩道を渡って、江東楽天地の門をくぐった。両脇の映画館にかかっているのは、戦意高揚のために日本で制作された戦争映画だった。平日ということもあり、あまり人出は多くなかった。和服と洋装は半々だろうか。なにをしているのかわからないけれど、ひどくきれいにめかしこんだ若い女性と目つきの鋭い中年男が目についた。

 渓谷というのはぴったりの言葉だと、タケシは思った。弓型の門をくぐった先は数百メートルも両側に映画館…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文963文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです