メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/132 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(36)

 横断歩道を渡って、江東楽天地の門をくぐった。両脇の映画館にかかっているのは、戦意高揚のために日本で制作された戦争映画だった。平日ということもあり、あまり人出は多くなかった。和服と洋装は半々だろうか。なにをしているのかわからないけれど、ひどくきれいにめかしこんだ若い女性と目つきの鋭い中年男が目についた。

 渓谷というのはぴったりの言葉だと、タケシは思った。弓型の門をくぐった先は数百メートルも両側に映画館…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文963文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  2. レゴランド 1日パスポート、東海在住者は35%引き
  3. 訃報 浅利慶太さん85歳=演出家、元劇団四季代表
  4. 宮内庁 週刊誌報道を否定 小室さん巡る皇后さま発言
  5. 追跡2018 レゴランド・ジャパン 開業1年 辛口の声を受け止めて 中京大経済学部・内田俊宏客員教授 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]