メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/132 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(36)

 横断歩道を渡って、江東楽天地の門をくぐった。両脇の映画館にかかっているのは、戦意高揚のために日本で制作された戦争映画だった。平日ということもあり、あまり人出は多くなかった。和服と洋装は半々だろうか。なにをしているのかわからないけれど、ひどくきれいにめかしこんだ若い女性と目つきの鋭い中年男が目についた。

 渓谷というのはぴったりの言葉だと、タケシは思った。弓型の門をくぐった先は数百メートルも両側に映画館…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文963文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
  2. 千葉の路上 男性、背中刺される 通り魔か 容疑者は逃走
  3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/4 「少し変な話」は大事なサイン
  4. 障害者施設 元職員の女性「虐待告発したら報復でうつ病」
  5. 仮想通貨 流出ネム580億円、資金洗浄完了か 専門家

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]