メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

奥泉光さん(作家) 推理劇の手法で「今」を問う 戦争へ向かう近代緻密に『雪の階』刊行

作家の奥泉光さん=鶴谷真撮影

 作家、奥泉光さんが長大なミステリーロマン『雪の階(きざはし)』(中央公論新社)を著した。エンターテインメント性と純文学性を溶け合わせ、私たちの眼前の現実それ以上にリアルな小説世界を構築し続けてきた名手をして「1日に原稿用紙3枚(1200字)を書くのが限度だった」というほどの、すさまじい濃度と密度をもつ。

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1428文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  4. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 
  5. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです