メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分・中津の山崩れ

3人目の遺体収容 耶馬渓

 大分県中津市耶馬渓(やばけい)町金吉(かなよし)で起きた山崩れで15日夜に新たに1人の遺体が発見され、県警などが16日、遺体を収容した。遺体が見つかるのは3人目。不明となっている4人の女性のうちの1人とみて身元の確認を急ぐとともに、引き続き不明者の捜索を続けている。

     県によると、現場の東側で15日午後10時25分ごろ、倒木の隙間(すきま)に人の体の一部が見えているのが発見され、午後11時19分に死亡が確認された。県などは住宅が大量の土砂で埋まっているとみられる地点で重機を使って土砂を除く作業をしているが、新たな遺体が見つかったのは少し離れた場所だったという。

     泉幸一・中津市消防団長(59)は「14日に降った雨は16日中に抜けると聞いている。他の方も早く見つけてあげたい」と語った。

     山崩れは11日未明に発生し、6人が不明となった。これまでに会社員の岩下義則さん(45)と母愛子さん(76)の死亡が確認されたが、依然として、橋本アヤ子さん(86)▽江渕めぐみさん(52)▽江渕優さん(21)▽岩下アヤノさん(90)--の計4人が不明となっている。【池内敬芳、田畠広景】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
    2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
    4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
    5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ、空き家1000軒、果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]