メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 熊本地震の本震で被災した現場では16日、犠牲者を悼む住民らの姿があった。

 熊本県南阿蘇村の九州電力黒川第1発電所で貯水槽が壊れ、大量の水と土砂が流れ込んだ同村立野の新所(しんしょ)地区では、亡くなった片島信夫さん(当時69歳)と妻利栄子さん(同61歳)の近隣に住んでいた住民らが自宅跡で冥福を祈った。

 新所地区は全9戸が全半壊したため、住民らは賃貸住宅を借り上げたみなし仮設住宅などで散り散りに避難生…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文514文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです