メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 熊本地震の本震で被災した現場では16日、犠牲者を悼む住民らの姿があった。

 熊本県南阿蘇村の九州電力黒川第1発電所で貯水槽が壊れ、大量の水と土砂が流れ込んだ同村立野の新所(しんしょ)地区では、亡くなった片島信夫さん(当時69歳)と妻利栄子さん(同61歳)の近隣に住んでいた住民らが自宅跡で冥福を祈った。

 新所地区は全9戸が全半壊したため、住民らは賃貸住宅を借り上げたみなし仮設住宅などで散り散りに避難生…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文514文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 マスコミの政治報道 迫り来る?うっすらとした恐怖
  3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  5. いのちのほとりで /4 ひとり暮らしの突然死 特殊清掃の現場を訪ねた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]