メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユーラシアカワウソ

赤ちゃん、すくすく のいち動物公園で23年ぶり誕生 /高知

ユーラシアカワウソの赤ちゃん=高知県立のいち動物公園提供

 県立のいち動物公園(香南市野市町大谷)でこのほど、ユーラシアカワウソの赤ちゃんが生まれた。園でのユーラシアカワウソの繁殖は23年ぶり。

 ユーラシア大陸や北アフリカに生息し、太くて長い尾が特徴。絶滅種に指定されたニホンカワウソに極めて近い種とされている。

 赤ちゃんの父親は「へレス」(7歳)、母親は「…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文330文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです