メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユーラシアカワウソ

赤ちゃん、すくすく のいち動物公園で23年ぶり誕生 /高知

ユーラシアカワウソの赤ちゃん=高知県立のいち動物公園提供

 県立のいち動物公園(香南市野市町大谷)でこのほど、ユーラシアカワウソの赤ちゃんが生まれた。園でのユーラシアカワウソの繁殖は23年ぶり。

     ユーラシア大陸や北アフリカに生息し、太くて長い尾が特徴。絶滅種に指定されたニホンカワウソに極めて近い種とされている。

     赤ちゃんの父親は「へレス」(7歳)、母親は「アカネ」(4歳)で、赤ちゃんの性別は不明。先月10日に誕生した。2頭生まれたうち1頭は死亡したが、もう1頭は順調に成長している。

     今後、赤ちゃんの生育状況を見ながら、5~6月ごろに一般公開する予定。名前についても一般公募する。飼育職員の森本さやかさん(31)は「公開はもう少し先だが、元気に育っている。公開を楽しみにしていただけたら」と話している。【松原由佳】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ことば 健康保険組合
    2. 盗撮容疑 小学校長逮捕 女子高生のスカート内撮影
    3. JIS 「安全色」13年ぶり改正 色覚障害者に配慮
    4. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒
    5. 人材派遣健保 解散検討 最大の48万人協会移行

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]