メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

首相の責任=山田孝男

 退廃の根は、「一点の曇りもない」と言い張る首相答弁の中にある。

 決裁文書の改ざんも、元首相秘書官の不合理な証言も、首相の過度の否認、無理な答弁を維持するためのツジツマ合わせだと考えればフに落ちる。

     ◇

 安倍政権を支え、いまは霞が関を離れた官僚OBの感想が興味深い。

 「要するにネ、一点の曇りもないんですよ、自分たち(首相官邸)は。一点でも曇りがあったら(=支える官僚の側にミスがあったら)許さんぞって話。そういうプレッシャーが、常にあらゆる問題で霞が関に来てるわけですね」

 「役所も人間の組織ですから、ヘマもやる。その時に『ごめんなさい、気をつけます』じゃすまない窮屈さが…

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1327文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです