メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

首相の責任=山田孝男

 退廃の根は、「一点の曇りもない」と言い張る首相答弁の中にある。

 決裁文書の改ざんも、元首相秘書官の不合理な証言も、首相の過度の否認、無理な答弁を維持するためのツジツマ合わせだと考えればフに落ちる。

     ◇

 安倍政権を支え、いまは霞が関を離れた官僚OBの感想が興味深い。

 「要するにネ、一点の曇りもないんですよ、自分たち(首相官邸)は。一点でも曇りがあったら(=支える官僚の側にミスがあったら)許さんぞって話。そういうプレッシャーが、常にあらゆる問題で霞が関に来てるわけですね」

 「役所も人間の組織ですから、ヘマもやる。その時に『ごめんなさい、気をつけます』じゃすまない窮屈さが…

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1327文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  4. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
  5. はしか 新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]