メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

首相の責任=山田孝男

 退廃の根は、「一点の曇りもない」と言い張る首相答弁の中にある。

 決裁文書の改ざんも、元首相秘書官の不合理な証言も、首相の過度の否認、無理な答弁を維持するためのツジツマ合わせだと考えればフに落ちる。

     ◇

 安倍政権を支え、いまは霞が関を離れた官僚OBの感想が興味深い。

 「要するにネ、一点の曇りもないんですよ、自分たち(首相官邸)は。一点でも曇りがあったら(=支える官僚の側にミスがあったら)許さんぞって話。そういうプレッシャーが、常にあらゆる問題で霞が関に来てるわけですね」

 「役所も人間の組織ですから、ヘマもやる。その時に『ごめんなさい、気をつけます』じゃすまない窮屈さが…

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1327文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  3. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  4. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦
  5. 飲酒運転 容疑でトヨタ社員を逮捕 車が横転、同乗者軽傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]