メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

土砂災害の表現、どう違うの? 人里近くは「崖崩れ」 山奥なら「山崩れ」=回答・池田知広

山の斜面が大規模に崩落し、民家が巻き込まれた現場=大分県中津市耶馬渓町で11日、本社ヘリから

 なるほドリ 大分県で斜面(しゃめん)が崩(くず)れて住民が亡くなったね。「土砂(どしゃ)崩れ」や「山崩れ」と報道されているけど、どの表現が正しいの?

 記者 国土交通省(こくどこうつうしょう)は土砂災害(さいがい)を三つに分けています。おおまかに言うと、急な斜面がめちゃくちゃに崩れる「崖(がけ)崩れ」▽それに比べれば緩(ゆる)い斜面が一定の形を保って比較的(ひかくてき)ゆっくりずれ落ちる「地すべり」▽雨など大量の水と土砂が一気に流れる「土石流(どせきりゅう)」です。

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文898文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです