メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

真の「国際人」とは 安田学園理事長・安田弘氏

現地でしか育たぬ視点

 「国際的」を意味する言葉として「グローバル」が使われ出して四半世紀が過ぎた。ほぼ全ての大学が「グローバル教育」を掲げ、多くの企業が「グローバル人材」を求めている。安田財閥創始者・善次郎のひ孫で、多国籍企業でのビジネス経験を経て安田学園(東京都墨田区)理事長を務める安田弘氏(85)に「国際人とは何か」を聞いた。【聞き手・上杉恵子、写真・太田康男】

--教育や経済のグローバル化が叫ばれ始めて、四半世紀になります。

この記事は有料記事です。

残り2916文字(全文3132文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  2. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  3. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  4. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」
  5. 会見 麻生氏「飲み倒した人の医療費、払うのあほらしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです