メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

真の「国際人」とは 安田学園理事長・安田弘氏

現地でしか育たぬ視点

 「国際的」を意味する言葉として「グローバル」が使われ出して四半世紀が過ぎた。ほぼ全ての大学が「グローバル教育」を掲げ、多くの企業が「グローバル人材」を求めている。安田財閥創始者・善次郎のひ孫で、多国籍企業でのビジネス経験を経て安田学園(東京都墨田区)理事長を務める安田弘氏(85)に「国際人とは何か」を聞いた。【聞き手・上杉恵子、写真・太田康男】

--教育や経済のグローバル化が叫ばれ始めて、四半世紀になります。

この記事は有料記事です。

残り2916文字(全文3132文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 選挙 狛江市長選 松原氏が初当選 「即戦力」アピール /東京
  5. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]