メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

国立ハンセン病療養所「多磨全生園」前入所者自治会長・佐川修さん=1月24日死去・86歳

=2015年11月撮影

皆が慕った温かさ 佐川修(さがわ・おさむ)さん=1月24日死去・86歳

 初めてお会いしたのは、私が多摩総局に勤務していた2015年の秋だった。温和な雰囲気に引き込まれ、折に触れて多磨全生園(ぜんしょうえん)を訪れた。「僕は人に恵まれてきた」と、いつも周囲への感謝の言葉を口にし、職員や入所者みんなから慕われた。ここ1年ほどは体調を崩して病棟で過ごし、最後にお見舞いをした時の「今度一杯やろう」という約束はかなわなかった。

 1945年3月の東京大空襲で妹と生き別れた。直後に病気が判明し、群馬県草津町のハンセン病療養所「栗…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文724文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟女性遺体 不明の知人男性か 遺体を発見
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです