メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米英仏

シリア攻撃 英仏、米との結束前面 ロシアへ対抗軸

米軍のミサイル攻撃で破壊されたシリア中部ホムス近郊の化学兵器関連施設。米国防総省が14日公開した=AP

 英仏両国は米国主導のシリア政府の化学兵器関連施設への空爆参加で、米国との結束を印象づけた。両国には、トランプ米大統領の差別的な発言や国際的な気候変動の枠組みに反対する姿勢などへの反発も残るが、シリアのアサド政権を支援するロシアに対抗する強いメッセージを発することで一致した。【パリ賀有勇、ロンドン矢野純一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  5. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです