メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

日建設計(東京都)/上 都市の「顔」を演出する

 <since 1900>

多彩な経験で豊かな体験を社会に提供

 高層ビルなど大型建造物は、大都市の「顔」だ。それをデザイン、設計する日建設計(東京都千代田区)。その始まりは財閥本店の臨時部局だった。

 1895(明治28)年、住友本店は銀行の設立を決め、本店建造のため、1900(同33)年に「臨時建築部」を設置した。東京駅の設計で知られる辰野金吾・帝大教授の下で学んだ逓信省の技師、野口孫市が技師長に就任した。早くに父親を亡くした野口が、帝大生時代に住友奨学貸費生だったのは、何かの縁だったのかもしれない。

 臨時建築部が最初に取り組んだのは、住友家が大阪府に寄贈する大阪図書館(現大阪府立中之島図書館)の設…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感
  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです