メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

日建設計(東京都)/上 都市の「顔」を演出する

 <since 1900>

多彩な経験で豊かな体験を社会に提供

 高層ビルなど大型建造物は、大都市の「顔」だ。それをデザイン、設計する日建設計(東京都千代田区)。その始まりは財閥本店の臨時部局だった。

 1895(明治28)年、住友本店は銀行の設立を決め、本店建造のため、1900(同33)年に「臨時建築部」を設置した。東京駅の設計で知られる辰野金吾・帝大教授の下で学んだ逓信省の技師、野口孫市が技師長に就任した。早くに父親を亡くした野口が、帝大生時代に住友奨学貸費生だったのは、何かの縁だったのかもしれない。

 臨時建築部が最初に取り組んだのは、住友家が大阪府に寄贈する大阪図書館(現大阪府立中之島図書館)の設…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文725文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  2. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  3. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  4. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」
  5. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]