メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-屋敷伸之九段 第55局の3

突き捨てを逆用

 「角には角」で、[先]3七角が手厚い受けである。屋敷は[後]同角成[先]同銀[後]2五桂と攻めるが、佐藤は力強く[先]3八金と指した。再度急所の[後]6四角で迫るが、[先]8六飛が冷静な手である。

     [後]4三飛で手を渡したが、[先]6五桂に[後]5五角しかないのでは、屋敷がつらい形勢になった。[先]5三歩[後]4二金右[先]1四歩と1筋の突き捨てを逆用して、佐藤のペースになってきた。

     [後]6四歩から桂を取って屋敷は頑張るが、[先]1三歩成が間に合った。[先]5六銀は、もっとも強気な一手である。[後]9九角成は[先]1一角から素抜かれるので、角は成れない。[先]5六銀は受けの手というより攻めの手だ。

     ここで屋敷は悩んだ。どうしてもうまい手が続かない。30分考えて[後]1六桂と打ったが、玉を逃がしてしまう可能性もある。

     [後]8五歩(本日終了図)は勝負手。

     佐藤は自信がある表情になっていた。対照的に屋敷は苦しそうな表情に変わっていた。

     次の佐藤の一手は、飛車を逃げるしかないだろう。そこで、角取りになっている屋敷の指し手がかなり難しい。今さら角を逃げ回っても[先]3五香などが速いし、銀で角を取らせるわけにもいかない。

     持ち時間は佐藤のほうが少ないが、よくなれば勝ち切る自信がある。(加藤昌彦)

     [先]3七角   1  [後]同角成  10

     [先]同銀    2  [後]2五桂

     [先]3八金      [後]3七桂成  9

     [先]同桂    1  [後]6四角  10

     [先]8六飛   3  [後]4三飛   4

     [先]6五桂  15  [後]5五角   4

     [先]5三歩   2  [後]4二金右  3

    ◎[先]1四歩   1  [後]6四歩   9

     [先]1三歩成  2  [後]同香

     [先]1四歩      [後]同香

     [先]同香       [後]6五歩

     [先]5六銀  32  [後]1六桂  30

     [先]3九玉     ![後]8五歩

     (◎好手 ×悪手 ?疑問 ▽作戦! 勝負手)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
    2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    3. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
    4. 結婚 俳優の松田翔太さん、モデルの秋元梢さんと
    5. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]