メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/252 第7章 13=高村薫 田中和枝・挿画監修

 浅井隆夫は半月毎(ごと)の入院費の支払いに深大寺の吉祥寺病院を訪ねたついでに、開放病棟に入ったままの妻弘子に会っている。入院当初に処方されていたスルピリドやパキシルなどの一般的な抗うつ薬が効かず、素人目にも日に日に秋が深まってゆくような薄昏(うすぐら)さだと思っていたら、いつの間にか薬の名前が変わっていて、いまはルボックスだのジプレキサだの。否、正確には担当医からその都度受けていた説明が、浅井の頭にほとんど入っていなかっただけのことではある。

 入院して環境の変わったことが病状悪化の引き金になることもありますから。そう言う担当医は、入院時には…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文960文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  2. 山口メンバー 「本当に申し訳ない」涙で謝罪 無期限謹慎
  3. ORICON NEWS TOKIO城島、国分、松岡、長瀬の4人も謝罪コメント発表 山口達也が無期限謹慎[全文掲載]
  4. ORICON NEWS 国分太一、山口達也の“アルコール治療”明かす「断絶したい気持ちもあったと思う」
  5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]