メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

小学校、進むトイレ洋式化

小林製薬の新入社員が小学校を訪れて行っているトイレに関する「特別授業」。小学校での排便に抵抗感を抱かないように工夫を凝らしている=小林製薬提供

 <kyoiku no mado>

 全国の小学校でトイレの洋式化が進んでいる。家庭のトイレは洋式が一般的になり、和式になじみのない子どもが増えた。小学校は災害時に避難所になるため、高齢者や障害者の利便性を高める狙いもある。洋式化でトイレのイメージが変わりつつあるが、依然として「恥ずかしい」と小学校で排便を我慢する子どもは少なくない。抵抗感を払拭(ふっしょく)させる取り組みも広がっている。【水戸健一、金秀蓮】

この記事は有料記事です。

残り2078文字(全文2283文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 訃報 マサ斎藤さん 75歳=プロレスラー
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]