メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

詩的無常観の魅力=酒井佐忠

 今年の詩歌文学館賞(俳句部門)は、岩淵喜代子さんの句集『穀象(こくぞう)』(ふらんす堂)に決まった。岩淵さんは、吉野で俳句に開眼した異色のホトトギス俳人、原石鼎(せきてい)の研究で知られる。これまでに『頂上の石鼎』『二冊の鹿火屋(かびや)』(俳人協会評論賞)を出し、丹念な現地探索の評論が見事だった。俳句実作面でも多くの句集を出している実力俳人だが、今回の句集はこれまでのものと一味違う、深く沈みこむような詩的な無常観が魅力だ。

 <穀象に或る日母船のやうな影>。句集名にとられた一句。「穀象」は、体長三ミリに満たない小さな虫。米…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文605文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  3. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  4. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦
  5. 飲酒運転 容疑でトヨタ社員を逮捕 車が横転、同乗者軽傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]