メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

詩的無常観の魅力=酒井佐忠

 今年の詩歌文学館賞(俳句部門)は、岩淵喜代子さんの句集『穀象(こくぞう)』(ふらんす堂)に決まった。岩淵さんは、吉野で俳句に開眼した異色のホトトギス俳人、原石鼎(せきてい)の研究で知られる。これまでに『頂上の石鼎』『二冊の鹿火屋(かびや)』(俳人協会評論賞)を出し、丹念な現地探索の評論が見事だった。俳句実作面でも多くの句集を出している実力俳人だが、今回の句集はこれまでのものと一味違う、深く沈みこむような詩的な無常観が魅力だ。

 <穀象に或る日母船のやうな影>。句集名にとられた一句。「穀象」は、体長三ミリに満たない小さな虫。米…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文605文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  5. 南北首脳会談 文氏、非核化へ「責任」 正恩氏に打開促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです