メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

皐月賞 エポカドーロ制す

 第78回皐月賞(G1)は15日、中山競馬場の芝2000メートルに3歳馬16頭が出走して行われ、単勝7番人気のエポカドーロが2分0秒8で優勝し、賞金1億1000万円を獲得した。戸崎圭太騎手、藤原英昭調教師とも皐月賞初勝利。1番人気のワグネリアンは7着だった。

 人気薄のアイトーンなど3頭が大逃げを打つ中、離れた4番手を進んだエポカドーロが最後の直線で一気に加速し、2着のサンリヴァルに2馬身差をつけ快勝。2011年にクラシック3冠(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)を制したオルフェーヴルとの皐月賞父子制覇を果たした。レースの売り上げは178億3337万4400円で昨年比5・5%減だった。【藤倉聡子】

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文762文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです