メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書籍化

インスタ発の漫画日記 家族や猫との日常に共感

インスタグラムの投稿作品を書籍化した「アラサ-クロのインスタ映えしない日常」=2018年4月9日、木田智佳子撮影

 神戸市兵庫区在住の女性イラストレーター、クロさん(31)=ペンネーム=が画像投稿サイト「インスタグラム」で公開している漫画日記のフォロワーが10万人を超え、「アラサークロのインスタ映えしない日常」(発行元・KADOKAWA)のタイトルで本になった。家族や飼い猫との日々、職場や婚活でのクスッと笑えて心温まるエピソードが、同世代の女性たちを中心に共感を呼んでいる。A5判、全192ページ、税別1000円。【木田智佳子】

     クロさんは昨年3月末、「日常を好きな絵に描いていこう」と、1回2、3コマの漫画日記をインスタグラムで公開し始めた。初回は、まつげエクステが嵐で台無しになる“自虐ネタ”。「1000人くらいに見てもらえればいい」という程度の期待だったと話す。

     ところが、1カ月もするとフォロワーは予想以上に増え、5月初旬には3万人に達した。美容やファッションなど独身女性の身近な話題と、笑いを誘う「あるある話」が受けたようで、出版社から書籍化の話が持ち込まれた。

     大学卒業後、一度はゲーム会社で映像制作の仕事に就いたクロさん。通算7年半、会社勤めをして退職した。今は兵庫区の実家に住み、近所の姉一家や祖父母宅を行き来し、家族にまつわる笑い話も多く掲載している。「昨年から飼い始めて今はメロメロ」という保護猫についても、短編に描き下ろして収録している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
    2. 千葉の路上 男性、背中刺される 通り魔か 容疑者は逃走
    3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/4 「少し変な話」は大事なサイン
    4. 障害者施設 元職員の女性「虐待告発したら報復でうつ病」
    5. 仮想通貨 流出ネム580億円、資金洗浄完了か 専門家

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]