メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

研究発表

子ども「食事、楽しい」減少 親のスマホ使用で

 中学生が家で食事している時、親がスマートフォンを使っていると、食事を「楽しい」と感じる率が下がるとの研究結果を、熊本県立大の坂本達昭講師(栄養教育学)らがまとめ、日本健康教育学会誌に論文発表した。特に男子は母親、女子は父親に対し、その傾向が強かった。家族らと食事する「共食(きょうしょく)」とスマホ利用の関連についての研究は初めてという。

     2016年、福井県内の中学2年生に質問用紙を配り、759人分の回答を分析した。家の食事が「とても楽しい」か「楽しい」と答えたのは84%。ただ2割近くは、父親か母親が週1回以上、食事中にスマホやタブレット端末などを利用しているとし、その場合は「楽しくない」の割合が増えた。母と息子、父と娘の関係で見ると、親がスマホを使っていない層は、使っている層より「楽しい」の割合が2.3~2.6倍高かった。

     一方、中学生本人のスマホ利用と食事の楽しさには関連が認められなかった。

     また、夕食を家族と一緒に取る頻度でも、女子は週4日以上の場合と3日以下の場合で「楽しい」の割合に2倍以上の差があった。

     坂本講師は「保護者が食事中にスマホを使うと、子どもは自分に無関心だと映るのではないか。男女差はさらに検証する必要があるが、普段あまりコミュニケーションがない異性の親にも話を聞いてほしいという思いがあるかもしれない。食事中のスマホ利用について家族で向き合うことが大切だ」と話している。【谷本仁美】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
    2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
    5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです