メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸自

イラク日報 「活動は非戦闘地域」 防衛相「要件満たす」

 小野寺五典防衛相は17日の記者会見で、自衛隊のイラク派遣部隊の日報に宿営地があった南部サマワで「戦闘が拡大」したとの記載があったことについて、戦闘かどうかは「計画性や組織性などの観点から個別具体的に判断する」とし、「自衛隊が活動した地域は非戦闘地域の要件を満たしていた」と述べた。

     イラク復興支援特別措置法では、自衛隊は「非戦闘地域」で活動するとし、「戦闘行為」は「国際的な武力紛争の一環として行われる人を殺傷、または物を破壊する行為」と定義された。小野寺氏は、日報に記載された2006年1月21日の英軍とイスラム教シーア派民兵との間で起きた衝突について「戦闘行為に当たるか否かの判断は、国際性、計画性、組織性、継続性の観点から個別に判断する。散発的な発砲や襲撃など、国または国に準じる組織の意思に基づいて遂行されたと認められないようなものは当たらない」と説明した。【秋山信一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
    2. 米山知事 進退判断の経緯判明 支援政党離れ「辞めます」
    3. 吉本興業 「第2の華丸・大吉」は 福岡に養成校続々
    4. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋
    5. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]