メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビューに答える国立情報学研究所の新井紀子教授=渡部直樹撮影

 数学者が人工知能(AI)を論じた本「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」(東洋経済新報社)が「ビジネス書」部門の売り上げランキングで上位を走っている。著者の新井紀子・国立情報学研究所教授は、子どもの読解力低下と、森友・加計学園問題などをめぐり「論理」がないがしろにされている国会答弁に共通の構造があると指摘する。【井田純】

この記事は有料記事です。

残り2369文字(全文2534文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. 米山知事 進退判断の経緯判明 支援政党離れ「辞めます」
  3. 吉本興業 「第2の華丸・大吉」は 福岡に養成校続々
  4. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋
  5. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]