メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビューに答える国立情報学研究所の新井紀子教授=渡部直樹撮影

 数学者が人工知能(AI)を論じた本「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」(東洋経済新報社)が「ビジネス書」部門の売り上げランキングで上位を走っている。著者の新井紀子・国立情報学研究所教授は、子どもの読解力低下と、森友・加計学園問題などをめぐり「論理」がないがしろにされている国会答弁に共通の構造があると指摘する。【井田純】

この記事は有料記事です。

残り2369文字(全文2534文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. 2件の殺人「告白」の死刑囚に無罪判決 東京地裁「告白内容は信用できない」 
  3. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  4. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  5. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです