メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・聞いてみました

フリマアプリ 6割が利用、人気は「本」「服」 トラブル経験1割、安全性に不安も

記者は主に化粧品の購入にフリマアプリを利用している=一橋大・川平朋花撮影(写真と本文は関係ありません。画像の一部を加工しています)

 つい先日、新学期が始まったと思ったら、気がつけばもう4月半ば。新生活には慣れただろうか? 今回はスマートフォンで物を売買できる「フリマアプリ」事情について、大学生56人に聞いた。(大学名、丸数字は学年、★は女子、☆は男子)【昭和女子大・小林千尋、イラストも】

 まず最初にフリマアプリで物を売買したことがあるかと尋ねると、女子を中心に約6割が利用していると回答。その中でも特に取引されるのは「着なくなった服を1着500円ほどで10着売った」(日本(2)★)などの衣類だ。流行に敏感な女子学生はファッション関連の物を売買することが多いようだ。

 他にも学生らしいものとして「教科書を400円で買った」(麗沢(4)★)など、学用品を売買する声も多…

この記事は有料記事です。

残り1569文字(全文1889文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 金正恩時代の北朝鮮 中/正男氏動向、監視強める
  3. 先端に16mの「鼻」 次世代新幹線「ALFA-X」の試験車公開 JR東
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです