メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 岡田暁生さん 「聴く体力」を養って

 ■クラシック音楽とは何か 岡田暁生(おかだ・あけお)さん 小学館・1296円

 書き手の意欲がにじみ出るストレートな書名を京都人らしく説明する。「関西弁にすると『クラシック音楽って何なん?』。この本は『何なのであろうか』では決してない。素朴な疑問を持つ人たちに答えたいという気持ちがあった」

 クラシック音楽は、魅力を味わえるようになるまでに、受け手側にも一定の知識や経験を求められることから取っつきにくいと思われがちだ。本書は、「名演とは何か」「オーケストラになぜ指揮者がいるのか」など、精通する人も簡潔明瞭な回答に窮する疑問を立て、分かりやすく解説する。ワーグナーやマーラーらドイツ語圏の音楽を「うんざりするほど長い」と表現するなど痛快な言い回しも、読者とクラシック音楽の距離を縮めてくれる。「門外漢のための本を書くことで、自分が…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文915文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  5. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです