メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俳優の若山富三郎(右端)=1973年ごろ

 大映労組の再建闘争に、勝新太郎は同情的だった。勝にとって京都撮影所は、デビューから雌伏の時を過ごし、「座頭市」「悪名」でスターとなった、役者としてのふるさとだ。「大映京都撮影所の最大の財産は人材だ。映画を愛する人がいる限り、これらのスタッフをフルに活用して、よい映画を作りたい。大映京都撮影所を離れたくない」。大映倒産時、思いをこう吐露した勝は、その言葉通り、物心両面で京撮を支援した。

 1970年代、勝は兄の若山富三郎と共に大スターだった。勝プロは72年、東宝と年6本の作品供給を契約…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです