メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俳優の若山富三郎(右端)=1973年ごろ

 大映労組の再建闘争に、勝新太郎は同情的だった。勝にとって京都撮影所は、デビューから雌伏の時を過ごし、「座頭市」「悪名」でスターとなった、役者としてのふるさとだ。「大映京都撮影所の最大の財産は人材だ。映画を愛する人がいる限り、これらのスタッフをフルに活用して、よい映画を作りたい。大映京都撮影所を離れたくない」。大映倒産時、思いをこう吐露した勝は、その言葉通り、物心両面で京撮を支援した。

 1970年代、勝は兄の若山富三郎と共に大スターだった。勝プロは72年、東宝と年6本の作品供給を契約…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文781文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです