メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俳優の若山富三郎(右端)=1973年ごろ

 大映労組の再建闘争に、勝新太郎は同情的だった。勝にとって京都撮影所は、デビューから雌伏の時を過ごし、「座頭市」「悪名」でスターとなった、役者としてのふるさとだ。「大映京都撮影所の最大の財産は人材だ。映画を愛する人がいる限り、これらのスタッフをフルに活用して、よい映画を作りたい。大映京都撮影所を離れたくない」。大映倒産時、思いをこう吐露した勝は、その言葉通り、物心両面で京撮を支援した。

 1970年代、勝は兄の若山富三郎と共に大スターだった。勝プロは72年、東宝と年6本の作品供給を契約…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文781文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  2. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  3. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦
  4. ロシアW杯 サッカー MVPゴールデンボール賞 モドリッチ最有力か
  5. ロシアW杯 フランスが5大会ぶり2回目の優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]