メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎市長射殺

銃撃11年 憤り悲しみ忘れない

 長崎市の伊藤一長・前市長(当時61歳)が暴力団幹部に銃撃され、死亡した事件から17日で11年となった。JR長崎駅近くの現場の歩道には献花台が設けられ、訪れた市職員や市民らが伊藤前市長の冥福を祈った。

     献花台に手を合わせた同市平間町の久保敬子さん(78)は「バイクですぐに、どこにでも出掛ける印象でやさしい方だった」としのんだ。田上富久市長は「命が突然、暴力的に奪われた事件に対する強い憤りと悲しみは決して忘れることはない」とコメントを発表した。

     事件は、伊藤前市長が4選を目指して出馬した市長選期間中の2007年4月17日夜に発生。遊説を終えた伊藤前市長が選挙事務所前に戻ったところ、背後から銃弾2発を撃たれ、翌18日未明に死亡した。【浅野孝仁】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
    2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
    4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
    5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ、空き家1000軒、果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]