メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#東北でよかった

旅する/19 おでん三吉 仙台市 楽天ファンが舌鼓 マー君のグラブも

 のれんをくぐり引き戸を開けると、ガラスケースに入った田中将大投手(現ヤンキース)が使ったグラブが目に飛び込んでくる。東北楽天イーグルスの岡島豪郎選手のサイン入りバットもある。

 仙台市青葉区の繁華街の一角にある「おでん三吉」。1949年開業のおでんやきりたんぽ鍋が名物の老舗は、熱心な楽天ファンが集う場所としても知られる。「『楽天』は生活の一部。暑くなっておでん屋が少し暇になるころ(プロ野球シーズンが)始まり、終わるころ寒くなり忙しくなる」。2代目店主の田村忠嗣さんはそう話す。

 2005年に誕生した楽天は本拠地を杜(もり)の都・仙台に構えた。田村さんは新しく誕生したチームをサ…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文1012文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  5. 将棋 藤井七段、最年少新人王に 31年ぶり更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです