メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

練馬区議補選 都民フ候補落選 「本拠地」振るわず 知事求心力低下も /東京

 15日に投開票された練馬区議補選(改選数5)で、小池百合子知事が特別顧問を務める都民ファーストの会の公認候補2人がともに落選した。練馬区は小池氏が衆院議員時代に地盤にしてきた「本拠地」。都議会関係者らからは、小池知事の求心力低下を指摘する声が上がった。【福沢光一、市川明代、森健太郎】

 都民ファーストは昨年11月の葛飾区議選(定数40)で、公認候補5人のうち4人が落選。今回も不振に終わった。都民ファースト関係者は「自民は(加計学園問題などの)逆風でも2議席取ったのに、うちが1議席も取れないとは思わなかった。最近は都議会でも存在感がなく、そういうところが選挙結果に出てしまった」…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文729文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 金正恩時代の北朝鮮 中/正男氏動向、監視強める
  3. 先端に16mの「鼻」 次世代新幹線「ALFA-X」の試験車公開 JR東
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです